2020年08月07日

【アンティーク家具とピアノ室のある家】左官 掻き落とし

【アンティーク家具とピアノ室のある家】は、

外壁上部は「杉120巾実付突付板縦張り」大工工事、

外壁下部は「漆喰掻き落とし」左官工事で計画されています。

 

 

梅雨もすっかり明けた真夏日の今週、左官工事の真っ只中です。

 

 

左官は繊細な仕事だなと、現場で実感しました。

自然の変化を的確によみ、湿度や天候によって配合や乾燥時間を計ります。

程よく乾燥、しかし乾燥しすぎないタイミングでむらなく掻きおとす。

自然に逆らわず、自然をよむ、古来からの日本の伝統を受け継ぐ技術であり、

日本の風土に適した仕上げだと感じました。

 

 

 

 

 

左官工事中

 

 

 

掻き落とし前

 

 

 

 

掻き落とし後

 

 

 

 

 

高級で優しい表情に仕上がりました。

 

 

※こちらの物件は、9月末に完成予定です。

見学は随時受け賜わりますので、お気軽にお問合せ下さい。

(感染対策のため、ご見学の際は、マスク着用、消毒等のご対応をとらせていただきます。

ご協力くださいますよう、よろしくお願い致します。)

 

 

 

 

サスティナライフ | 2020.08.07 10:23 AM | comments(0)

2020年07月20日

【アンティーク家具とピアノ室のある家】施工現場のご案内

お客様の理想のデザインをかたちに…

【アンティーク家具とピアノ室のある家】は

弊社の技術を生かしながら洋風スタイルを積極的に取り入れたお家です。

 

屋根「洋風瓦」

外壁「上壁:杉板張り」「下壁を:漆喰」となります。

只今、外壁施工中です。

外壁や屋根の施工技術は、雨仕舞い(建築物の内部に雨が入らないようにする)に直結する大事な技術です。

換気を軒天下から行い、取り合いを密にきれいに収めています。

機能を無駄なく行う、そしてデザインを大事にしています。

 

現場見学は随時ご案内させていただきます。お気軽にお問合せください。

※新型コロナウィルス対策を考慮しての実施になります。

ご参加の方には、マスク着用のお願いと検温をさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サスティナライフ | 2020.07.20 14:45 PM | comments(0)

2020年05月13日

【サクラの床材】

 

皆様おはようございます!

 

今朝の泉ヶ岳は天気がよく、遠くの山まで綺麗に見えます。

新緑がキラキラ輝き確実に夏に近づいております。

 

さて、今日は現在施工中の【アンティーク家具とピアノ室のある家】

のお宅に使用される「サクラの床材」について少々。

現場に足を踏み入れると木々の香りに包まれ、昼間から癒されます。

床材「サクラ」だそうです。

 

実は桜は以前から家具や楽器に多く使われてきたそうで、ピアノにも使われるそうです。

 

桜の木は、フィトンチッドという香気成分を発します。この物質には殺菌作用があり、

桜の木は、フィトンチッドを分泌することで、カビや病原菌から自分自身を守っているのだとか。

この物質を人間が吸い込むと、興奮などが抑制され精神が安定するのだそう。

ですから、桜の木の香りには、リラックス効果があるということだそうです。

 

自宅に籠り自分からなかなか外に出れないけれど、家自体が自然だと…癒されました。

素敵なピアノの音色を想像すると、聴覚、嗅覚、視覚、触覚…感覚をふるに楽しめる家になるんだろうなあ。

 

今日も大工さんは一つ一つ手で切り、一枚一枚丹精に張り込みをしています。

 

完成が楽しみです。

 

 

サスティナライフ | 2020.05.13 10:46 AM | comments(0)

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

新着記事 10件

カテゴリ

新着コメント 10件

月間アーカイブ