2021年03月23日

【大黒柱伐採体験】同行レポート

 

先週の土曜に、2組のお客様の

ご自宅用の大黒柱伐採体験に同行して来ました。

 

3月1週目にも大黒柱の伐採をしていただいたお客様がいらっしゃいましたので、

今年の春は伐採体験が大人気です!

 

本日は、先週のお客様の伐採の様子と、伐採の流れを簡単にご紹介いたします。

 

 

山に入ると、木こりさんが目星をつけていてくれた

大黒柱に使えるいい木を数本、紹介されます。

そして、その木たちと対話してもらいます。

 

 

 

A様ご夫婦

 

 

 

 

M様ご夫婦

 

 

 

 

一番気が合う、というか波長の合う木を1本選んでいただき、

その木が大黒柱となるのです!

 

 

ですが伐採の前に、まずチェーンソーのレクチャーです。

オレンジ色の『チャップス』という防護服をつけ、

エンジンのかけ方、チェーンソーの持ち方などを木こりさんから習い、

実際にエンジンもかけてみます。

 

 

 

みんなでレクチャーをうけます

 

 

 

 

 

一通りレクチャーを受けたあとは、早速実践です!

 

 

木を伐るときには、『受け口』と『追い口』の

2か所に切れ込みを入れます。

 

今回のお客様は2組ともご夫婦での参加でしたので、

それぞれ『受け口』は奥様、『追い口』はご主人が受け持つことになりました。

 

 

 

まずは1組目、A様。

伐る前には、みんな揃って山の神様にご挨拶をします。

 

 

 

2礼2拍手1礼します

 

 

 

 

そのあとはいよいよ伐採。

エンジンをかけ、木こりさんがチョークで印をつけてくれた場所へ

チェーンソーを入れていきます。

木こりさんが一緒にサポートしてくれるので安心です。

 

 

 

 

 

まずは受け口を

 

 

 

 

次に追い口を入れます

 

 

 

木こりさんからOKが出たらチェーンソーは終了。

次にくさびを打ち込み、いよいよ倒木です。

 

 

 

 

力を入れてくさびを打ち込みます

 

 

 

 

勢いよく倒れて奥の方に跳ねていきました!

 

 

 

 

 

狙った方向へきちんと倒れていくのは

木こりさんのサポートありき。

さすがプロですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐに図面を見ながら、どこの部分に使えるかをその場で確認。

わくわくしますよね!

 

 

 

 

チョークで名前を記入します

 

 

 

図面と照らし合わせて長さを確認して、

木こりさんがカットしてくれた丸太に、

製材所で迷子にならないように名前を書いて、作業は完了となります。

 

 

 

A様に続いて2組目のM様も同じ流れでの伐採です。

M様の木は、なかなかすごい斜面に生えている杉。

画像ではなかなか伝わりにくいのですが、まっすぐ立つのがやっとでした。

 

 

 

まずは神様へご挨拶。

 

 

 

奥様による受け口の切込み

 

 

 

 

ご主人による追い口(木こりさんが主役になってしまった!)

 

 

 

 

初めて見る体制でのくさび打ち!!

 

 

 

 

こちらもきれいに倒れました

 

 

 

 

ご主人のくさび打ちを彷彿とさせる、奥様の名入れ

 

 

 

 

A様M様ともに、きれいに切り出した『受け口』をお土産として

大事に持ち帰られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

伐り終わったあとの笑顔がやはり皆さま一番素敵でした!

(ブログには載せていませんが。)

そして、この日に伐った木が大黒柱としてどう生まれ変わるのか?

想像するとそれはわくわくしますよね!

 

 

皆さま、2時間強の木こり体験、お疲れさまでした!

 

 

 

※その日の天候や同行者・人数などによって伐採体験の内容は変更する場合があります

 

 

Tateyama

 

サスティナライフ | 2021.03.23 19:21 PM | comments(0)

2020年06月19日

【日々のあれこれ】鳴子方面へ③~伐採現場見学~

 

だいぶ間が開いてしまいましたが

鳴子方面へ見学に行ったときの3つめの記事です。

 

鳴子方面見学   記事その1   記事その2

 

 

山の現場のお仕事を見せてもらったので

例のごとく、写真をUPしていきます。

 

* * *

 

 

大崎市鳴子のとある場所で、

NPO法人しんりんの皆さんが

木を切って山の中に道(軽トラックなどが通れるくらいの作業道)を

作っているところを見学させてもらいました。

 

 

 

現場はこんな感じの山の中

 

 

 

 

 

 

林内作業車『SUPERやまびこ』。

小さくてもできるヤツです。

 

 

 

 

ワイヤーでひっかけて腰につけたラジコンで操作。

手足のようにやまびこ号を操ります

 

 

 

 

トビ(鳶口)も使って位置調整

 

 

 

 

 

 

どんどん増えていきます。

 

 

 

こんな感じで積んで、

頃合いを見計らって運んでいきました。

でこぼこ道もなんのその。やまびこ号、いい仕事してます。

 

 

 

そして道路の整備。

道を作りたいところに木がある場合は切り倒して

重機で伐根し、整地していきます。

 

 

まずは木を切る

 

 

 

 

倒れる・・・

 

 

 

 

 

はい倒れたー

 

 

 

 

 

その後、伐根。

 

根っこの周りを掘ります

 

 

 

 

 

だいぶぐりぐりした後、やっと抜けました!

ちょっと歯医者さんを連想して歯がムズムズしてくる感じが…。

 

 

 

 

写真後半の伐根は、わりと長い時間根っこと戦っていて

1つの根っこにこれだけ時間がかかるのか…と。

 

今回のような斜面の場合

1日にできる道も数メートルらしいですし、

見ているだけでちょっと気が遠くなります。

 

 

山のお仕事は、重機でガーーー!チェーンソーでチュイーン!!

という勢いで一気に進むのかと思いきや

まったく逆の、根気のいる作業なんですね。

 

 

* * *

 

 

今回載せたような木の伐採をしている現場などは

あまり実際に見ることも、お見せすることもないかと思うので

ぜひ多くの方に読んでいただければな、と思います。

 

日本の森を守る林業、大事ですからネ。

 

 

 

 

サスティナライフ | 2020.06.19 16:49 PM | comments(0)

2020年06月10日

【日々のあれこれ】鳴子方面へ②~サスティナヴィレッジ編~

 

先日UPした鳴子方面へ~薪ステーション編~に続き

今回はサスティナヴィレッジ編です。

 

 

東棟の完成見学会を行ったのが昨年の9月。

その後西棟も完成し、入居も始まりました。

 

 

とはいえ畑や駐車場の整備などはまだまだ途中。

他の建物も色々建築中だったり、であります。

 

 

 

手前が西棟、奥が東棟。ウッドデッキでつながっています。

 

 

 

 

玄関側もウッドデッキができています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨樋もつきました

 

 

 

 

 

 

 

 

優れものの雨樋 タニタハウジングウェアの『ユキノキ・すとっ葉゜ー(ストッパー)』。

一見蓋に見える『雨水ガイド板』の働きで、

落ち葉も雪も雨樋(ガイド板)の上をスルーしていくのに

雨水はきちんと雨樋へ流します。

雪の多い鳴子地区では大活躍(の予定)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとはいろいろ、撮って出し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ色々途上中のサスティナヴィレッジです。

 

 

また少ししたらお披露目会なども開催したいと思っておりますので

次のお知らせをお待ちくださいませ!(^-^)

 

 

 

 

 

サスティナライフ | 2020.06.10 15:12 PM | comments(0)

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

新着記事 10件

カテゴリ

新着コメント 10件

月間アーカイブ