【コミュニティスペースのある家】(仙台市青葉区)【新築】

コンセプト 街中に理想の畑や自然のある中
  将来冒険広場も視野に入れた
    楽しいコミュニティハウスが誕生します

写真一覧※写真をクリックしてください

施工内容のデータ

・床面積:
105.98㎡/2階建て
・構造材:
土台/クリ材(木酢) 柱・梁/くんえんスギ
南三陸産 スギ(大黒柱・通し柱)
・断熱材:
天井/デコスファイバー(t=200mm) 壁/デコスファイバー(t=120mm) 床/ウッドファイバー(t=100mm)
・防音材:
1階天井/デコスファイバー(t=100mm)
・主な外部仕上げ:
屋根/平瓦 外壁/漆喰仕上げ
・主な内部仕上げ:
床材/くりこまくんえんスギ(30mm)・ヒノキ
壁・天井/くりこまくんえん羽目板(10mm)・漆喰仕上げ
・補 足:
オールアース対応
県産材利用補助金:対象
太陽光発電・太陽熱利用給湯
雨水利用

【コミュニティスペースのある家】(仙台市青葉区)

サスティナブルな技術と構造を家づくりの第一のコンセプトに、安全と安心を含めて提案してほしいとの要望で、設計から進めてまいりました。

屋根には耐久性の高い瓦を、それを支える躯体となる柱・梁材は五寸角フレームとし、スケルトンな表情が常に見える真壁づくりをしています。

地域愛から、材料は南三陸材を中心に、県産材にて手配しました。

間取りについても、コミュニティスペースとしての土間や、階段スペースの両側に1階から2階天井までの本棚収納を設けています。

また、バリアフリーに対応、床の段差を少なくし、建具の開口も広くとるように心がけています。

見どころがいっぱい詰まった建物です。

工事中はお施主様のご厚意のより、オープンハウスとしていつでも見学できるようになっていますので、お声がけください。