【北にひらく家】(大崎市岩出山)【施工事例】

コンセプト周囲の環境に溶け込みながら、自然に寄り添う暮らし。
  北側の斜面に向かって迫り出したデッキが、
    自然との一体感をより深めます。


写真一覧※写真をクリックしてください

施工内容のデータ

・床面積:
86.53㎡/平屋建て
・構造材:
土台/クリ、柱・梁/くんえん杉、床材/くんえん杉(30mm)
・断熱材:
天井t=200mm,壁t=120mm(セルロースファイバー)床t=100mm(ウッドファイバー)
・暖 房:
薪ストーブ
・主な外部仕上げ:
屋根/ガルバリウム鋼板  外壁/漆喰搔き落とし仕上げ(一部杉板横張り・ガルスパン仕上げ)
・主な内部仕上げ:
壁/漆喰仕上げ
・補 足:
県産材利用補助金 対象住宅

【北にひらく家】(大崎市岩出山)

雑木林に囲まれた土地を探して約半年、

ようやく理想の土地に出会いました。

平らな部分を頂点に、北に緩やかに傾斜にした敷地は

およそ760坪。

 

北斜面の利を活かし、建物を北側に向かって拓いたプランです。

また東西にも建物を広げることにより、どの部屋から南(こちら)

向いた木々の表情を愉しむことができます。

特にキッチン内部の「眺望のカウンター」はロマンスカー(最近では

四季島!?)の先頭車両のような特等席になりました!!

tea timeがちょっと長くなりそうですね

 

リビングには薪ストーブのほか、ご主人がご趣味のオーディオと大き

スピーカーを置いて音楽や食事を楽しみ、母屋の隣には奥様がご趣

味の窯小屋も建てる予定です。

随所にアンティークの建具や奥様手づくりの陶器なども用いてまた一

オンリーワンの素敵な建物が完成します。

 

子や孫が集まり、内や外のフィールドで家族が愉しめる心豊かな場を

少しずつ作りあげていく予定です