【野蒜ヶ丘の家】(東松島市)【施工事例】

コンセプト高台の新しい街で始まる新しい暮らし
奥松島の景勝地にとけ込むシンプルな外観は
素朴ながらも独特な存在感を放ちます。

写真一覧※写真をクリックしてください

施工内容のデータ

・床面積:
107.64㎡
・構造材:
土台/国産ヒノキ、構造材/くんえんスギ(宮城県産)
・断熱材:
天井/セルロースファイバー160mm  壁/セルロースファイバー100mm  床/ウッドファイバー100mm
・暖 房:
ペレットストーブ
・主な外部仕上げ:
○屋根/ガルバリウム鋼板 ○外壁/1F石灰モルタルかき落とし仕上げ、2F杉板張り
・主な内部仕上げ:
床/スギ、国産無農薬タタミ 壁、天井/本漆喰仕上げ(一部板張り)
・補 足:
県産材利用補助金 対象

【野蒜ヶ丘の家】(東松島市)

 

震災による高台移転で新しい暮らしがはじまります。

高台の新しい移転先は、団地の中に仙石線の駅が

二つ入るほどの大きな街。

 

日本三景に数えられる松島地区で、

景勝地の景観を損なわない外観にしつつも、

地元の木と土を使った手づくりの家は

素朴ながらも独特な存在感を放ちます。

 

間取りはシンプルながらも、使いやすさを重視。

奥様のリクエストを要所に盛り込みました。

 

畳のあるリビングダイニングは自然と家族が集まる空間になり、

家族揃ってスポーツ観戦する機会が増えそうです。