【古道具と仲良しの家】(仙台市太白区)【施工事例】

コンセプト使い慣れた古道具のように、
年を経ることでより良くなる、
施主様に育てられていく住まいです。

写真一覧※写真をクリックしてください

施工内容のデータ

・床面積:
115.92(35坪)
・構造材:
土台/ヒバ、柱・梁/くんえん杉、床材/くんえん杉
・断熱材:
壁・屋根・天井(ウールブレス t=100mm)      床(フォレストボード t=50mm)
・暖 房:
薪ストーブ
・主な外部仕上げ:
屋根/ガルバリウム鋼板  外壁/白洲そとん壁左官仕上げ
・主な内部仕上げ:
タナクリーム
・補 足:
オリジナル造作キッチン(長さ3メートル)
木材利用ポイント(林野庁)対応
県産材利用エコ住宅

【古道具と仲良しの家】(仙台市太白区)

工業的なものよりも、素材やその質感を愛する施主様の家づくりテーマは「アンティーク」。

 

漆喰と杉の空間は、使い込まれた家具や小物、照明器具など、

懐かしいデザインをとても新鮮に感じさせてくれます。

 

料理が好きなご夫婦のためにキッチンを幅広(W=3000mm)にし、食品庫などの収納も充実。また、トイレは雨水利用のタンクを設置。環境にやさしく、災害時にも活躍します。

 

また、洋裁が趣味の奥様がつくるオーガニック素材の小物や洋服も、

木と塗り壁の空間にとても馴染みます。

 

新しい空間でありながら懐かしいものと調和する空間は、

時を経て滲みでる味わいや更なる新しい発見が楽しめます。