【門脇・まねきショップ】(石巻市)【新築】

コンセプト震災の津波に耐えた一棟の蔵の南側、
鹿島御児神社の参道口に参拝者の休憩所として
地元材を使用した木の家のお土産屋さんがオープン!

写真一覧※写真をクリックしてください

施工内容のデータ

・床面積:
105.99㎡
・構造材:
土台/ヒバ、柱・梁・床/くんえん杉
・断熱材:
壁・屋根・天井(フォレストボード t=25mm)      床(フォレストボード t=50mm)
・暖 房:
薪ストーブ
・主な外部仕上げ:
屋根/アルミ亜鉛合金メッキ鋼板、 軒天/杉板貼り、 外壁/杉板貼り
・主な内部仕上げ:
床・壁・天井/くんえん杉  建具/木製建具
・補 足:
【設計】 
 瀬野和広+設計アトリエ
 (http://www.senonose.com/)

【門脇・まねきショップ】(石巻市)

北から鹿島御子神社に見守られ、南に太平洋をのぞむ、石巻市門脇町で一軒の蔵が震災の津波で倒壊することなく耐え残りました。

その蔵の南側に、日和山の鹿島御児神社の参拝者の休憩所を兼ねた売店として、「まねきショップ」の新築工事が始まりました。

 

「大改造!!劇的ビフォーアフター」で活躍されている瀬野和広さんの設計による、Zig houseの構造は災害仮説から復興耐久性能を満たす木造建築です。平屋であれば90mmの小径木での架構も可能で、明日薪になる間伐材を資材にできる仕様です。

 

石巻市渡波の「ワタママ食堂」に引き続き、県産材の杉材を使用した2件目のZig houseです。