受け継ぎたい白壁の家【住まい手の声】

 

2013年9月、緑豊かな閑静な住宅地に平屋の家が完成しました。


「本当は家族で暮らすための家づくりでしたが、今となっては両親やお姉さんの意志を継ぐ形での家づくりとなってしまいました」


と目を細めながら語るのは、御年87歳になるご主人。

土地を購入して25年目、満を持しての家づくりでした。

周りの景観によく馴染んだオープンガーデンが来る人を明るく迎えます。


「家族そろって東京から宮城に移り、伝統的な木の家を建てて暮らすのが夢でした。

だから、素材や工法などの研究は相当しました。

ポイントは健康・安心・住み心地の良いこと。

実際に住んでみて、地震の揺れもほとんど感じず、太い柱や梁を眺めているだけで安心感が違います。

暖かいし、無垢の床の足触りも気持ち良い。

木と珈琲の香りもとても良いですね。


庭は、四季の移ろいが分かるように植えてもらいました。

秋の紅葉のあと、木々の葉が落ちて海が見えた時は本当に感動しました。


これから春、夏の庭がどんな表情を見せてくれるのか、今から楽しみです」

 

家族を代表して志を遂げたご主人の笑顔が、とても誇らしげでやさしく見えました。

 

受け継ぎたい白壁の家

写真一覧※写真をクリックしてください