2015年03月06日

【高尾の森自然学校】-家具製作風景②-

 
高尾の森自然学校新築工事
 の家具製作風景②をご紹介します。


今回は下駄箱です。

自然学校へいらっしゃった方がまず目にするであろう家具その1、下駄箱!

・・・だと思うのですが。


天板にトチ、他部材はスギ(共にくんえん材)を使用しています。


 

 DSCF4066 (350x261).jpg


 

DSCF4068 (350x261).jpg







徐々に使用していくうちに色合いやたたずまいなど、木の表情が変化していきます。

それをだんだんと感じていただけたらな、と思います。


それでは、またご紹介します、お楽しみに~☆


konno.s

 

宮城県 工務店 住宅 自然素材 大工 左官 庭師 職人の匠の技 宮城県・国産無垢材 持続可能な社会 サスティナライフ 森の家

 

サスティナライフ | 2015.03.06 13:54 PM | comments(0)

2015年03月04日

【高尾の森自然学校】-家具製作風景①-


高尾の森自然学校新築工事
セブンイレブン記念財団様)の家具製作風景のご紹介です。

(近々、前後して工事の状況をお伝えしますー。)


天板にヒノキ、他部材はスギを使用して、洗面台を製作していきます。

ヒノキの香りが画面からも伝わるといいですね

 

DSCF4072 (350x261).jpg

 

 

 

DSCF4071 (350x261).jpg

 

 

DSCF4091 (350x261).jpg


 



次に部材を組立てて、仕上げていきます。


DSCF4087 (350x261).jpg


DSCF4086 (350x261).jpg


DSCF4092 (350x261).jpg




高尾の森自然学校へ訪れた方々が、ここちよく使用して頂けたらうれしいです。

 

なにやら後ろにも見え隠れしておりますが、他にも家具を製作しております。

 

そちらについては、またの機会にご紹介いたします。お楽しみに~☆





konno.s



宮城県 工務店 住宅 自然素材 大工 左官 庭師 職人の匠の技 宮城県・国産無垢材 持続可能な社会 サスティナライフ 森の家




 

 

 

サスティナライフ | 2015.03.04 13:06 PM | comments(0)

2015年01月28日

【森の家具通信】-木の募金箱物語-


こちらの木の募金箱物語は、
一般財団法人 セブンイレブン記念財団様 の 

 

宮城セブンの森から始まります。

 

 

震災復興支援として豊かな森から豊かな海を、ということで始まった宮城セブンの森。

 

森林整備にたくさんのみなさまにご参加いただいています。

 

その森から伐採した樹を木材に加工し、木の募金箱となります。


 

  まず木材をカットしていきます。

 募金箱のカギを付ける部分(底面)や

 

DSCF3133 (350x261).jpg

 

 側面の部分などです。

 

DSCF2971 (350x261).jpg

 

 さて、ここから肝心の工程は企業ヒミツ(笑)なので画像はありません。

 

 

 他の部材などもカットして、組み立てるための溝彫り加工などを施します。

 

 底板(鍵取付板)の小口面(年輪が見える方)の両側は「木殺し」という加工をします。

 

     ☆「木殺し」とは、金づちや玄能などで叩き、圧縮して接合しやすくすることです。

  

     こちらの加工により掘った溝へ矧ぎあわせしやすくなります。

 

 

 こうして出来上がるのがこちらの募金箱です。

 

DSCF3277 (350x261).jpg



 日々、一つ一つ手しごとにより製作中です。

 

 もしどこかの店舗で見かけた時には、この物語を思い出していただけると、うれしいです。

 

 

 s.konno

 

 宮城県 工務店 住宅 自然素材 大工 左官 庭師 職人の匠の技 宮城県・国産無垢材 持続可能な社会 サスティナライフ 森の家 

 

 

サスティナライフ | 2015.01.28 16:51 PM | comments(0)

 

新着記事 10件

カテゴリ

新着コメント 10件

月間アーカイブ