2018年04月26日

【家族が集い伝統を受け継ぐ平屋】~これぞ大工工事~

 

 

土壁工事はひと段落し、大工さんの内部造作が始まりました。


和室の天井ですが、玄関は格天井としました。

 

 

格天井とは、格式を尊ぶ部屋に用いる天井形式の一つです。


先ずは格縁と呼ばれる杉の部材で格子を作り、格子の間に正方形の杉の一枚板を張ります。


すべて手作業です。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1553.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_1496.JPG

 

 

 

かなりの手間をかけています。


棟梁曰く、昔からやり慣れ親しんでいるので億劫ではない。腕がふるえて楽しいと。


本当に頭が下がります。

 

 

 

 

 

 

IMG_1506.JPG

 

手塩に掛けるとはこういう事です。 美しいですね。

 

 

 

 

 

 

奥の和室は竿縁天井としました。杉の一枚板です。

 

 

 

 

 

 

IMG_1564.JPG

 

 

 

 

IMG_1561.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_1563.JPG

 

 

 

 

 

IMG_1562.JPG

 

 

 

 

 

部分的に遊び心も取り入れています。


棟梁のセンスの良さを感じます。


益々楽しみですね。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サスティナライフ | 2018.04.26 10:49 AM | comments(0)

この記事へのコメント

名前

E-Mail

コメント
 

新着記事 10件

カテゴリ

新着コメント 10件

月間アーカイブ